日本海に面した北陸地方・富山県のパワーリフティング協会です。大会開催情報、各種イベント情報など、随時発信しています。

富山県パワーリフティング協会の取り組み

平成29年度の取り組み

 

 

(1)アンチドーピング活動の継続推進

 

・富山県から絶対にドーピング陽性者を出さないことを改めて決意し、昨年からの実施事項に加えて、県協会主催の大会に出場する選手全員に対して、「アンチ・ドーピングに関する誓約書及び摂取サプリメントの申告書」の提出を徹底させる。

・全日本大会への参加有無にかかわらず、登録選手と登録審判員に対してドーピング防止講習会受講の推進を図る(今年度より、全日本大会以上の選手およびセコンドにおいては、出場資格としてドーピング防止講習会受講者であることが義務付けられている)。

・昨年に引き続き、県内の大会開会式において、参加者全員でアンチドーピングに関する誓約書の唱和を行う。

 

(2)平成29年度国体公開競技パワーリフティング大会県予選会の開催

・第46回富山県パワーリフティング選手権大会及び第31回富山県ベンチプレス選手権大会と同時に開催する。なお、出場選手が減少傾向にあるため、各クラブに積極的な選手参加の呼びかけを行う。

 

(3)選手強化セミナーの開催

・期 日:平成29年11月

・会 場:高岡市長慶寺SRホーム・体育館

・講 師:未定

 

(4)全日本大会、北信越大会への積極的な審判協力

・審判有資格者のレベル向上、又、審判昇級のための実績確保のために、日本記録が認定される全日本大会及び北信越大会での積極的な審判協力を推進する。

 

(5)傘下の市協会の諸活動に対する支援に取り組む。

・高岡市では、平成32年(2020年)春の竣工を目指して、総合体育センターの新規建設を今年の秋に着工する予定となっており、これに伴い、竣工後は竹平記念体育館、古城公園内の市民体育館及び長慶寺のSRホームの閉鎖、解体される予定。

これにより、高岡市には、バーベルトレーニングができる市の施設が無くなる心配がある。新体育センターには十分な広さのトレーニングルーム設置も計画されているので、高岡市協会としては、平成29年度からバーベルトレーニングの環境確保と充実化に向けて、取り組みを進める予定としている。県協会としては、高岡市協会と連携してこの活動を支援することとする。

 

 

※ 大会日程

県協会管轄下の大会開催日程

 

 

 

お知らせ新着情報

ページ上部へ