トピックス

県協会ニュース

ジャパンクラシックベンチプレス選手権 県勢選手全員入賞!(2017.11.15更新)

10月28日、29日の2日間、栃木県真岡市の「フォーシーズン静風 特設会場」にて「第18回 ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会」が開催されました。

全国各地より参加標準記録を突破した精鋭330名が参加し、富山県からは5名の選手が出場しました。

男子マスターズⅠ(40歳以上の部)74㎏級の守山選手が優勝、男子マスターズⅠ66㎏級の小竹選手が準優勝、男子マスターズⅡ(50歳以上の部))93㎏級の村中選手が3位、59kg級の亀田選手が4位、及び男子マスターズⅡ74㎏級の佐伯選手が6位入賞を果たしています。

詳しい結果成績は以下の通りです。

★男子マスターズⅠ66㎏級

小竹 謙司(おだけ けんじ)

所  属:MAT

成  績:2位

記 録:140.0㎏

 

★男子マスターズⅡ59㎏級

亀田 司(かめだ つかさ)

所  属:チーム度胆

成  績:4位

記 録:115.0㎏

 

★男子マスターズⅡ74㎏級

佐伯 博文(さえき ひろふみ)

所  属:西部組

成  績:6位

記 録:130.0㎏

 

★男子マスターズⅠ74㎏級

守山 哲郎(もりやま てつお)

所  属:MAT

成  績:1位

記 録:170.0㎏

 

★男子マスターズⅡ93㎏級

村中 悟(むらなか さとる)

所  属:高岡TC

成  績:3位

記 録:155.0㎏

平成29年度パワーリフティング競技 選手強化セミナー(2017.10.4更新)

平成29年11月12日(日)午後3時より、高岡市長慶寺SRホーム・体育館にて、中尾達文氏を講師に迎えパワーリフティング競技選手強化セミナーを行います。

詳しくは下記要項・参加申込書をご覧ください。

平成29年度パワーリフティング競技 選手強化セミナー実施要項・参加申込書

アジアベンチプレス選手権大会 安居選手優勝報告(2017.10.4更新)

10月2日、アジアベンチプレス選手権大会で優勝を成し遂げた安居選手が、高岡市協会の金森会長、中村同副会長とともに、高岡市教育委員会を訪問し、米谷教育長に優勝報告を行いました。

その模様は10月3日の富山新聞と読売新聞の地方版に記事が掲載されています。

尚、高岡市体育協会へも足を運び、澤谷専務理事にも優勝報告を行いました。

 ★安居選手優勝報告記事

★29年10月2日安居選手市体協へ

 

2017年ジャパンクラシックマスターズパワーリフティング選手 権大会・富山県選手多数入賞、矢部選手4連覇! 藤永選手日本新記録!(2017.9.25更新)

9月16日(土)、17(日) に兵庫県明石市の「パワーフラッシュアリーナ」にて、 日本スポーツマスターズ2017兵庫大会記念事業の一環として「 第22回 ジャパンクラシックマスターズパワーリフティング選手権大会」 が開催され、全国より184名(男子155名・女子29名) のエントリーがあり、富山県から男子9名、 女子1名が参加しました。
富山県選手では、男子のマスターズⅠ 59kg矢部実選手が4連覇を果たしました。
また、女子マスターズⅢの57㎏ 級に出場した藤永ひとみ選手はベンチプレス種目にて日本新記録を 樹立しています。

詳しい結果成績は以下の通りです。

1  女子の部
★MⅢ<60歳から69歳まで>57㎏級
藤永 ひとみ(ふじなが ひとみ)
所  属:MAT
成  績:1位
記 録:スクワット75.0㎏
ベンチプレス   65.0㎏
(MⅢ女子日本記録)
デットリフト  115.0㎏
トータル    255.0㎏

2  男子の部
★MⅠ<40歳から49歳まで>59㎏級
源田 清和(げんだ きよかず)
所  属:MAT
成  績:2位
記  録:スクワット162.5㎏
ベンチプレス    107.5㎏
デットリフト    192.5㎏
トータル      462.5㎏

高嶋  明(たかしま  あきら)
所  属:西部組
成  績:7位
記  録:スクワット145.0㎏
ベンチプレス       95.0㎏
デットリフト    180.0㎏
トータル      415.0㎏

★MⅠ66㎏級
松永 一也(まつなが かずや)
所  属:MAT
成  績:3位
記  録:スクワット190.0㎏
ベンチプレス    120.0㎏
デットリフト    230.0㎏
トータル      540.0㎏

★MⅠ66㎏級
里見 正樹(さとみ まさき)
所  属:西部組
成  績:7位
記  録:スクワット160.0㎏
ベンチプレス    115.0㎏
デットリフト     180.0㎏
トータル       455.0㎏

★MⅠ74㎏級
川畑 勝則(かわばた  かつのり)
所 属:チーム度胆
成  績:3位
記 録:スクワット200.0㎏
ベンチプレス           155.0㎏
デッドリフト           200.0㎏
トータル                  555.0㎏

★MⅠ105kg級
小川 光寿(おがわ みつひさ)
所属:西部組
成績:7位
記録:スクワット200.0㎏
ベンチプレス     150.0㎏
デッドリフト     205.0㎏
トータル       555.0㎏

★MⅡ<50歳から59歳まで>59㎏級
矢部 実(やべ みのる)
所  属:MAT
成  績:1位<4連覇>
記  録:スクワット150.0㎏
ベンチプレス    100.0㎏
デッドリフト    185.0㎏
トータル      435.0㎏

亀田  司(かめだ  つかさ)
所  属:チーム度肝
成  績:4位
記  録:スクワット107.5㎏
ベンチプレス    112.5㎏
デッドリフト    147.5㎏
トータル      367.5㎏

★MⅣ<70歳以上>59㎏級
川中 章義(かわなか あきよし)
所  属:MAT
成  績:3位
記  録:スクワット95.0㎏
ベンチプレス    82.5㎏
デッドリフト   110.0㎏
トータル    272.5㎏

2017アジアベンチプレス選手権大会 芦崎選手優勝報告(2017.9.25更新)

9月6日から11日にかけて、フィリピンのマニラで開催されたアジアベンチプレス選手権大会に芦崎高志選手が参加、66㎏級で優勝を成し遂げています。
22日に朝日町庁舎を訪問し笹原町長に優勝報告を行いました。
IMG_20170922_170156

2017アジアベンチプレス選手権大会、芦崎選手、安居選手共に優勝!(2017.9.25更新)

9月6日(水)~9月12日(火)にかけてフィリピン・ケソン市にて開催されております。アジア各国11ヶ国から参加があり、日本は男子28名の選手団を派遣しています。富山県からはその一員として、男子マスターズⅣの部(70歳以上)83kg級の安居民雄選手、男子マスターズⅠの部(40歳以上)66kg級の芦崎高志選手が出場し、両選手とも見事に優勝を果たしました。なお、安居選手につきましては、2年連続、通算3度目の優勝を果たしています。

詳しい結果成績は以下の通りです。

★男子マスターズⅠ(40歳代の部)66kg級
芦崎 高志(あしざき たかし)
所属:チーム度肝
成績:1位
記録:187.5kg

★男子マスターズⅣ(70歳以上の部)83kg級
安居 民雄(やすい たみお)
所属:西部組
成績:1位
記録:120kg

1 / 1212345...10...最後 »
ページ上部へ