トピックス

県協会ニュース

2017愛顏つなぐえひめ国体公開競技パワーリフティング大会、飯野選手6位入賞、ベンチプレス競技ジュニア日本記録樹立!(2017.9.25更新)

9月9日(土)~9月10日(日)の二日間、愛媛県伊予市のウェルピア伊予体育館にて2017愛顏つなぐえひめ国体公開競技パワーリフティング大会開催されました。全国各地から、都道府県予選、ブロック大会最終選考会を勝ち抜いた105名(成年男子93名、成年女子12名)の選手が出場し、富山県からは成年女子の部に飯野暁子選手1名が参加しました。

なお成年女子は全階級で競われ、トータル挙上重量に検量体重に応じた係数を乗じたフォーミュラ重量で順位が決定され、飯野選手は6位となっています

 

詳しい結果成績は以下の通りです。

★成年女子84kg級
飯野 暁子(いいの あきこ)
成績:6位
記録:スクワット      120.0kg
ベンチプレス    87.5kg
(ノーギアジュニア女子日本記録、ノーギア・フルギア富山県記録)
デッドリフト  150.0kg
(ノーギア・フルギア富山県記録)
トータル          357.5kg

北信越パワーリフティング選手権大会 第72回愛顔つなぐえひめ国体最終選考会(2017.7.22更新)

7月9日(日)に福井県大野市の「越前おおのまちなか交流センター」にて「第37回 北信越パワーリフティング選手権大会」及び「第72回愛顔つなぐえひめ国体公開競技パワーリフティング大会最終選考会」が開催されました。

北信越大会には、石川県、福井県、長野県、新潟県、富山県の5県から男子15名、女子2名、計19名の参加があり、富山県からは男子3名、女子1名の選手が出場しノーギア男子の部で松永一也選手が最優秀選手賞、同女子の部で飯野暁子選手が最優秀選手賞を獲得する活躍を見せ、富山県は県別対抗戦において準優勝を果たしています。

同時に開催された国体公開競技最終選考会には、上記の北信越5県から男子8名、女子2名、計10名の参加があり、富山県からは女子1名、飯野選手が出場し同大会において、飯野選手が国体出場権を得ています。

富山県選手の詳しい結果成績は以下の通りです。

ノーギア一般の部

★男子59㎏級

源田 清和(げんだ きよかず)

所  属:MAT

成  績:1位

記 録:スクワット     162.5㎏

ベンチプレス    107.5㎏

デットリフト   190.0㎏

トータル     460.0㎏

 

★男子66㎏級

松永 一也(まつなが  かずや)

所  属:MAT

成  績:1位

記 録:スクワット     190.0㎏

ベンチプレス    120.0㎏

デットリフト   237.5㎏

トータル     547.5㎏

 

★男子93㎏級

佐野 雅史(さの  まさし)

所  属:高岡TC

成  績:1位

記 録:スクワット     232.5㎏

ベンチプレス    150.0㎏(北信越新記録)

デッドリフト   300.0㎏(日本、北信越、富山県新記録)

トータル     682.5㎏(北信越、富山県新記録)

 

 

ノーギア女子の部

★女子84㎏級

飯野 暁子(いいの あきこ)

所  属:アピアスポーツクラブ

成  績:1位

記 録:スクワット     130.0㎏(北信越、富山県新記録)

ベンチプレス     85.0㎏(ジュニア日本新、北信越、富山県新記録)

デットリフト   145.0㎏(富山県新記録)

トータル     360.0㎏(ジュニア日本新、北信越、富山県新記録)

第3回とやま青空ベンチプレスチャレンジ大会のご案内(2017.6.23更新)

2017年6月25日、富山県総合体育センタートレーニング室にて富山市民体育大会パワーリフティング選手権大会が開催されます。

そして県民体育大会パワーリフティング選手権終了後には「第3回とやま青空ベンチプレスチャレンジ大会」が開催されます!

恒例となりました今大会は当日の飛び入り参加も可能です!

この機会に是非、日頃のトレーニング成果を試されてはいかがでしょうか!

皆さま奮ってご参加ください!

0001

第12回高岡市民体育大会パワーリフティング競技・ベンチプレス競技 選手強化セミナー(2017.6.21更新)

6月18日、高岡市民体育大会のパワーリフティング競技とベンチプレス競技が、戸出中学校の体育館で開催されました。残念ながら、県記録の更新はありませんでした。
競技終了後は、恒例の選手強化セミナーが行われました。講師は、フルギアベンチプレスで74㎏級の世界記録保持者であり、他にノーギアでも3件の世界記録を保有する児玉大紀選手に大阪から来ていただきました。
児玉選手は昨年11月にIPF(国際パワーリフティング連盟)の殿堂入りを果たした実力ある選手です。
ベンチプレスに特化したレクチャーでしたが、輝かしい実績を誇る現役世界チャンピオンの話を聞こうと、県内各地から約30名のパワーリフターやベンチプレッサーが参加しました。
実績に裏付けられた懇切丁寧な説明とポイントを押さえた的確な実技指導をいただき、有意義な時間を過ごすことができました。
参加者は、各自それぞれに学んだことをこれからの練習で実践し、次の大会に生かしてもらえるものと期待しています。

★29年6月19日セミナー新聞記事

★29年高岡市体選手宣誓

★29年高岡市体と金メダル選手紹介

★29年6月18日セミナー講師児玉選手

★29年6月18日講師児玉選手

★29年6月18日児玉選手メダル等

第46回富山県パワーリフティング選手権大会 第31回富山県ベンチプレス選手権大会 第72回愛顔つなぐえひめ国体パワーリフティング競技大会県予選会(2017.5.26更新)

第46回富山県パワーリフティング選手権大会、第31回富山県ベンチプレス選手権大会、第72回愛顔つなぐえひめ国体パワーリフティング競技大会県予選会が、5月21日(日)、富山県総合体育センター、ウエイトトレーニング室で開催されました。

パワーリフティング選手権大会には男子15名、女子1名、ベンチプレス選手権大会には男子11名が参加しました。

今回、パワーリフティング選手権大会では、120kg超級の田村選手がベンチプレスの富山県記録、74kg級の川畑選手、93kg級の佐野選手がトータルの富山県記録、を樹立しています。

なお、パワーリフティング選手権大会の最優秀選手は、男子:佐野 雅史選手、女子:飯野 暁子選手 優秀選手は源田 清和選手、ベンチプレス選手権大会の最優秀選手は、芦崎 高志選手、優秀選手は、ノーギア部門 中島 泰紀選手、フルギア部門は、蜂谷 浩一選手となっています。

国体公開競技選考会では、飯野選手、松永選手、田村選手が北信越ブロック予選会(国体公開競技最終選考会)出場権を手にしました。

県記録に挑む選手が多く非常に活気ある大会となりました。各選手とも、自己ベストの更新、全日本大会出場など、今年の目標に向けて意欲満々でバーベルに挑戦していました。

今後の活躍を期待したいと思います。

img6

開会式

スクワット

ベンチ

デッド

2017年度 アンチ・ドーピング講習会(2017.5.21更新)

2017年度の各種大会と共に実施されるアンチ・ドーピング講習会の予定表です。

※予定表は大会開催要項・大会結果の欄にも掲載してあります。

講習会予定表

2 / 1212345...10...最後 »
ページ上部へ