トピックス

県協会ニュース

守山選手「元気とやまスポーツ賞」受賞!(2017.2.17更新)

2月15日、富山県庁で、平成28年度においてスポーツの普及と振興に尽力し、又、大会

で優秀な成績を収めた選手等を表彰する「元気とやまスポーツ大賞」の授与式が実施されま

した。授与式の内容は16日付けの朝刊に掲載されました。

パワーリフティング関係者では、富山市パワーリフティング協会理事長の守山哲郎選手(M

AT所属)が個人スポーツ活動者の部門で「元気とやまスポーツ賞」を受賞しました。昨年

5月、南アフリカで開催された「世界クラシックベンチプレス選手権大会」で優勝したこと

が評価されたものです。

今回の受賞は、後進の大きな励みになり、地域でのパワーリフティング競技のPRにも役立

つものです。

守山選手においては、新たな目標や更なる高みに向けて益々活躍してもらい、県内のパワー

リフティング競技やベンチプレス競技の発展に貢献することを期待したいと思います。

★2月16日守山選手とやまスポーツ賞★2月16日守山選手スポーツ賞記事

★守山選手スポーツ賞受賞★守山哲郎選手

第22回小矢部市ベンチプレス選手権大会(2017.2.16更新)

小矢部市パワーリフティング協会が主催する第22回小矢部市ベンチプレス

選手権大会が、平成28年度最後の、そして、平成29年になって最初の競技

会として、2月5日、小矢部市にあるスポーツアカデミーで開催されました。

参加者は男子15名。残念ながら、県記録は出ませんでしたが、今年のこれか

らの意気込みを示す手始めの大会で、各選手とも、自己ベストの更新、全日本

大会出場など、今年の目標に向けて意欲満々でバーベルに挑戦していました。

今後の活躍を期待したいと思います。

29年2月5日小矢部ベンチ大会記事

29年2月5日小矢部大会守山選手

ノーギア最優秀賞の守山選手!

★29年2月5日小矢部大会芦崎選手

フルギア最優秀賞の芦崎選手!

29年2月5日小矢部大会中島選手

ノーギア93kg級優勝の中島選手!

★29年2月5日小矢部大会安居選手

フルギア83kg級優勝の安居選手!

29年2月5日小矢部大会村中選手

フルギア93kg級優勝の村中選手!

 

2016年アジアオセアニアクラシックパワーリフティング選手権大会(2017.1.1更新)

12月4~11日、ニュージーランドにて、第3回アジア・オセアニアクラシックパワーリフティング・ベンチプレス選手権大会(15カ国、469選手参加)が開催されました。

富山県から3選手が出場し、パワーリフティング男子59kg級マスターズⅣ(70歳代)で川中章義選手が3連覇を成し遂げています。

同じくパワーリフティングの男子93kg級マスターズⅠ(40歳代)に出場の小川光寿選手が3位。

ベンチプレス男子59kg級マスターズⅡ(50歳代)に出場した亀田司選手が2位といずれも表彰台に立っています。

%e5%b7%9d%e4%b8%ad%e9%81%b8%e6%89%8b28%e5%b9%b412%e6%9c%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%bb%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%a2%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f

川中選手3連覇!

%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e9%81%b8%e6%89%8b28%e5%b9%b412%e6%9c%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%bb%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%a2小川選手のスクワット!

%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e9%81%b8%e6%89%8b28%e5%b9%b412%e6%9c%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%bb%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%a2%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f

表彰台に立つ小川選手!

28%e5%b9%b412%e6%9c%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%bb%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%a2%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b

詳しい結果成績は以下の通りです。

パワーリフティング

★男子59kg級 マスターズⅣ

川中 章義(かわなか あきよし)

所  属:MAT

成  績:1位<三連覇>

記  録:スクワット     90.0㎏

ベンチプレス   82.5㎏

デットリフト  110.0㎏

トータル    282.5㎏

 

★男子93kg級 マスターズⅠ

小川 光寿(おがわ みつひさ)

所属:竹田運輸倉庫

成績:3位

記  録:スクワット    195.0㎏

ベンチプレス  145.0㎏

デットリフト  207.5㎏

トータル    547.5㎏

 

ベンチプレス

★男子59kg級 マスターズⅡ

亀田 司(かめだ つかさ)

所属:チーム度肝

成績:2位

記録:112.5kg

 

第33回高岡市パワーリフティング・ベンチプレス選手権大会 選手強化セミナー (2016.11.20更新)

11月13日(日)、高岡市長慶寺SRホーム体育館で、第33回高岡市パワーリフティング選手権大会及びベンチプレス選手権大会が開催されました。又、大会終了後には、講師としてベンチプレス83㎏級世界記録保持者の福島勇輝選手(静岡県:F.T.GYM)をお招きし、富山県体育協会後援による選手強化セミナーが開催されました。

大会の参加者は、女子1名、男子22名、オープン参加2名で合計25名、セミナー講師の福島勇輝選手もオープン参加されました。

パワーリフティング競技では、ノーギア120㎏超級の田村尚道選手(所属:MAT)が、初出場でスクワット、ベンチプレス、デッドリフト、トータルの全てで富山県新記録を樹立。又、ベンチプレス競技では、ノーギア74㎏級の守山哲郎選手(所属:MAT)が、175㎏を挙げ、自己の持つ県記録を塗り変えて新記録を樹立しています。

大会終了後に行われたセミナーでは、福島選手が競技中から参加者一人一人のフォームをチェックしており、そのクセや悪い部分を見抜き、的確で丁寧なアドバイスをおくりました。

足の降ろす位置、肩の位置、胸の上げ方、肩甲骨の寄せ方、腕と肘の曲げ具合、バーを下す位置等々、ベンチプレスを強くする適切なフォームの指導が中心となり、世界チャンピオンの効果的な指導によって、参加者はそれぞれに自分の克服すべき弱点と挑戦すべき課題を認識し、記録向上に向けて今後のトレーニングに生かす決意を新たにする大変に有意義なセミナーとなりました。

%e2%98%8528%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e9%96%8b%e4%bc%9a%e5%bc%8f

大会開会式

%e2%98%8528%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e9%ab%98%e5%b2%a1%e5%b8%82%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e7%94%b0%e6%9d%91%e9%81%b8%e6%89%8b

全てで県新記録樹立の田村選手!

%e2%98%8528%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc-%ef%bc%91

福島選手によるセミナーの模様

%e2%98%8528%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%8c%87%e5%b0%8e

参加者にアドバイスをおくる福島選手

28%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%81%a8%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc-35

安居選手、富山県庁を訪問して優勝報告。(2016.11.2更新)

10月14日(金)~20日(木)、ウズベキスタン共和国のタシケント市で開催されたアジアベンチプレス選手権大会に富山県協会の安居民雄選手(所属:西部組)が出場し、マスターズⅣ(70歳代の部)74㎏級で見事1位金メダルに輝きました。この大会2年ぶり2回目の優勝を果たした上、当該部門でベストリフター賞を獲得しました。

安居選手は、10月31日に富山県庁を訪問し、教育・スポーツ政策監に大会の模様、今後の抱負等について説明と報告をしてきました。その他、富山県体育協会と地元の新聞社に足を運び、優勝の挨拶をしてきました。新聞社での面談の様子が11月1日の朝刊に掲載されました。尚、訪問先へは県協会の中村一生参与が同行しました。

来週は、高岡市教育委員会と高岡市体育協会へも出向いて、優勝報告をする予定です。

2016%e5%b9%b4%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e5%ae%89%e5%b1%85%e9%81%b8%e6%89%8b%e5%84%aa%e5%8b%9d

28%e5%b9%b410%e6%9c%8831%e6%97%a5%e5%ae%89%e5%b1%85%e9%81%b8%e6%89%8b%e7%9c%8c%e5%ba%81%e8%a8%aa%e5%95%8f-3

28%e5%b9%b411%e6%9c%881%e6%97%a5%e5%ae%89%e5%b1%85%e9%81%b8%e6%89%8b%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%a8%98%e4%ba%8b

2016年アジアベンチプレス選手権大会 安居選手優勝!(2016.10.23更新)

10月14日(金)から10月20日(木)にかけて、中央アジア・ウズベキスタンの首都タシュケントにて、2016年アジアベンチプレス選手権大会(アジア12カ国、男女244名参加)が開催されました。

富山県から日本代表選手団(男子計6名)の一員として、マスターズⅣ(70歳代)の安居民雄選手が出場し、2年振り2度目の優勝を成し遂げています。

詳しい結果成績は以下の通りです。

★男子83㎏級マスターズⅣ(70歳以上の部)

安居 民雄(やすい たみお)

所  属:西部組(砺波市)

成  績:1位(金メダル)★2年振り2度目

記 録:ベンチプレス  105.0㎏

ページ上部へ