トピックス

県協会ニュース

2016年度シーズンが始まりました!!(2016年5月8日更新)

富山県協会主催であるパワーリフティング大会の2016年度シーズンが始まりました。

まずは4月17日に富山県総合体育センター(富山空港横)において第28回富山市パワーリフティング・ベンチプレス選手権大会から、本年度がスタートしたところです。本大会の模様は以下の記事で新聞掲載されました。

20160418 北日本新聞

掲載されている亀田選手は元々ベンチプレスをメインで行っていた方ですが、昨年よりパワーリフティング(三種目)にも挑戦され、早一年弱で各種目共に自身体重の約二倍の重さのバーベルを持ち上げれるようになっています。このように本人の努力とやる気が結果へ反映されやすく、目標を数値として挑戦出来る事からも年齢は問わずモチベーション維持が出来る競技です。

トレーニングする事で基礎代謝量が上がり、更に話題のインナーマッスル等も鍛えれて、より健康になる事が期待出来ます。

興味や関心が有る方は気軽にパワーリフティング・ベンチプレス競技に挑戦してみては如何でしょうか?

ライバルは自分です。皆様の参加を心よりお待ちしております。

小川選手、源田選手 射水市体育協会 優秀選手特別表彰(2016年2月26日更新)

2月14日、平成27年度の(公財)射水市体育協会表彰式が行われました。

竹田運輸倉庫に所属する小川光寿選手と富山パレスに所属する源田清和選手が、

昨年の国際大会で優秀な成績を上げたことが評価されて、「優秀選手特別表彰」

を受賞しました。写真は、小川選手が表彰されている様子です。

(小川選手の写真は射水市体協のホームページから借用しています)

小川選手表彰2月14日射水市体協

 

芦崎選手、川端選手 元気とやまスポーツ賞 受賞!(2016年2月26日更新)

2月17日、富山県庁で「元気とやまスポーツ大賞」の表彰式が行われました。

チーム度肝に所属する芦崎高志選手と川端勝則選手が、昨年の国際大会で優秀な

成績を上げたことが評価されて「元気とやまスポーツ賞」を受賞しました。

H28年2月18日スポーツ大賞北日本

アジアオセアニア・クラシック選手権大会の優勝報告(2016年1月15日)

昨年12月にウズベキスタンで開催されました「アジアオセアニア・クラシックパワーリフティング選手権大会」マスターズⅣ(70歳以上)59kg級で優勝した川中章義選手と、「アジアオセアニア・クラシックベンチプレス選手権大会」マスターズⅠ(40歳以上)74kg級で優勝した川畑勝則選手が県教育委員会、各新聞社を表敬訪問し優勝報告をしてきました。(同行:県協会_藤井裕久副会長、日本協会_中村一生副会長)
両選手には今年も新たな目標を持って果敢に挑戦し、他の選手の牽引役として頑張って貰いたいと思います。

<優勝報告における各選手の抱負>
川中選手(三連覇):いつまでも元気で競技を続けるのが目標。今回、自己記録に届かず手放しで喜べないが、日本人の元気を見せる事が出来た。次回は更に記録を伸ばしたい。
川畑選手(初優勝):このような大きな大会において前回は2位で悔しい思いをしたが、今回優勝出来てホッとしている。記録はともかく自慢出来る報告が出来て良かった。

・13日:富山県教育委員会 H28年1月13日県教育委員会

・北日本新聞社:1月14日新聞掲載

H28年1月14日北日本新聞

・富山新聞社:1月14日新聞掲載H28年1月14日富山新聞

 

松永一也選手 富山市体育協会優秀選手として特別表彰されました(2016年1月10日)

平成27年度 公益財団法人富山市体育協会優秀選手並びに優秀指導者の表彰式が1月7日 富山電気ビルディング(富山市桜橋通り3番1号)にて行われ、この度は特別表彰:16名、一般表彰:17名、マスターズ表彰:2名の優秀な選手35名の方が表彰されました。松永一也選手へは特別表彰が授与されております。

この特別表彰は日本選手権大会、国民体育大会、全国学生選手権大会に出場し優勝した選手及び指導者、または国際大会に出場し特に優秀な成績を収めた方が対象となります。
松永選手に関しましては以下の成績が表彰対象となりました。

・2015世界クラシックパワーリフティング選手権大会66kg級マスターズ1:優勝
・日本スポーツマスターズ2015 第20回ジャパンクラシックマスターズパワーリフティング選手権大会66kg級マスターズ1:優勝

富山市体育協会及び各スポーツ協会の要職の方々にパワーリフティング競技をアピール出来た良い機会でもあり、今後も表彰されるような成績を収めれるように富山県協会としても選手をサポートしていきます。

松永選手、おめでとうございました。
今後も益々の精進を御期待しています。H28年1月8日富山新聞

 富山県体育協会表彰1 (参考)
 富山県体育協会表彰2 (参考)

川中選手アジア新記録で3連覇・川畑選手初優勝 !!(2016年1月8日)

12月13日(日)~20日(日)までウズベキスタンのタシケントにて、アジア連盟とオセアニア連盟が共同開催した「2015アジアオセアニア・クラシックパワーリフティング選手権大会及びクラシックベンチプレス選手権大会」が開催され、富山県から男子2名の選手が参加しました。
パワーリフティング大会に出場した川中章義選手は、マスターズⅣ(70歳以上)59㎏級で1位となり3連覇。尚、スクワット種目でアジア新記録を樹立し、マスターズⅣの部門でベストリフター賞も獲得しました。
また川中章義選手はベンチプレス大会にも出場して、マスターズⅣ(70歳以上)59㎏級で85㎏を挙げて2位となりしました。ベンチプレス大会には、マスターズⅠ(40歳~49歳)74㎏級に出場した川畑勝則選手が155㎏を挙げて1位となりました。
結果成績等の概要は下記のとおりです。

<クラシックパワーリフティング選手権大会>
★マスターズⅣ男子59㎏級 <70歳以上>
川中 章義(かわなか あきよし:74歳。検量57.45kg)
住 所:富山市
所 属:MAT
成 績:マスターズⅣ 1位(3連覇)
記 録:スクワット    97.5㎏(アジア新記録)
ベンチプレス    85.0㎏
デッドリフト    110.0㎏
トータル      292.5㎏
※マスターズⅣ ベストリフター賞を受賞

<クラシックベンチプレス選手権>
★マスターズⅣ男子59㎏級 <70歳以上>
川中 章義(かわなか あきよし:74歳。検量58.36㎏)
住 所:富山市
所 属:MAT
成 績:マスターズⅣ  2位
記 録:ベンチプレス  85.0㎏

★マスターズⅠ男子74㎏級 <40歳~49歳>
川畑 勝則(かわはた かつのり:42歳。検量72.09㎏)
住 所:入善町
所 属:チーム度肝
成 績:マスターズⅠ  1位
記 録:ベンチプレス  155.0㎏

H28年1月7日富山新聞

ページ上部へ